キャッシング返済に困ったら誰に相談する?

『借金の返済にお困りでしたら、弁護士にご相談ください。』と言ったCMをよく見ませんか。過払い金バブルで潤っている法律事務所がたくさん流していますので、皆さん見たことがあるとか思います。じゃあ本当に弁護士に相談するのがいいのかというと、答えは否です。

弁護士に相談に行くと、まず確実に借金額が少なければ任意整理、借金額が多ければ自己破産を薦められます。何故なら彼らは相談料だけでは儲けにならないからです。任意整理は手間がそんなにかからなく、着手金が5万円発生します。着手金は任意整理に失敗しても、帰っては来ません。弁護士としては、借金額がある消費者金融に返済計画の見直しや金利の下げる電話一本とデフォルトで作られている形式的な書面一枚送れば5万円手に入るんですから簡単なものです。

最近は何処の貸金業者も任意整理は断っています。何故なら自己破産はお金が返せない状態であると裁判所が認めるのですから、自己破産に至らない状態ならお金は余裕で返せる状態とみなすことが出来るので、金融業者としては相手にする必要が無いのです。

借金の相談をする時は、全銀協など利害関係の無い所に相談してみるといいでしょう。弁護士の様に債務整理ありきで勧誘はしないはずですよ。

キャッシングの利息は怖くない

インターネット上にはキャッシングの利息について、一週間で倍になったとか、1か月後には10倍の返済額になったとか、怖い情報が多数流布されているため、利息が怖いと思われている方も多いかもしれません。ネット上に残っているのは、かつて利息が事実上青天井だった時代の話がほとんどです。

現在、金融庁などによって、キャッシングの利息は法律で最大でも18%までと決められています。これは銀行系カードローンでも消費者金融でもクレジットカードのキャッシングサービスでも全く同じ条件となります。貸金業として正しく都道府県に対して届け出をしている正規業者であれば、18%以上の利息は絶対に取られません。

消費者金融を監督している金融庁でも常に査察や指導を行っていますので、かなり昔にあったようなたった1か月借りた数万円の返済額が何十万円にもなってしまう、などといった状況は絶対に起こらなくなりました。キャッシングは極めて健全化していますので、怖がることなく、少し手元が寂しいときなどは遠慮することなく、必要なだけ借りても全く問題ありません。お金の貸借は法律上全く問題なくクリーンな商取引ですので、安心してキャッシングを利用して下さい。

フリーの商品よりも速やかなカード商品

カードローンは、たまにフリーローンと比較される事があります。その2つの商品は、色々な違いが見られるのです。

後者のフリーローンは、主に銀行によって提供されている事が多いですね。融資金額の利用目的があまり厳しくないので、カードローンに似ている一面があります。

そしてフリーのタイプは、金利に大きな特徴があるのです。カードローンに比べると、総じて金利は低めになっている傾向があります。ですので手数料を抑えて融資を受けたい時には、カードローンよりはフリーのタイプの商品の方が、メリットは大きいとも言えます。

ところがそのタイプのローンには、実はデメリットも1つあるのですね。多少の時間がかかる点です。

フリーのタイプの商品の場合は、実際に融資が実行されるまでに多少の日数を要する場合があります。総じて数日ほどを要するローン商品が多いですが、中には数週間ほどを要する商品も見られるのです。

そしてお金を借りるとなると、急ぐことも多いのですね。特に冠婚葬祭などでお金が必要になると、やはりスピードが求められる傾向があります。

ところがカードローンの場合は、少なくともフリーローンに比べるとスピードは早いですね。中には即日に融資を受けられる商品も見られます。前述のように冠婚葬祭でお金が必要な方にとっては、メリットが大きいと言える訳です。

確かに手数料を重視するなら、フリーローンの方が良いでしょう。しかしスピードを重視したい場合は、やはりカードローンの方が良いと思われます。

私のキャッシングの利用の仕方

私がキャッシングを利用している理由は生活費の不足を補うためです。生活費の不足分を補うだけなのでキャッシングで借りている金額は多いときでも3万円くらいです。利息を少しでも減らしたいので必要以上のお金は借りないようにしています。

借りられるからといって必要でもないお金を借りてしまうと利息も多くなってしまうので私はいつも気を付けています。返済もできるだけ早く済ませるよう考えています。アルバイトの給料が出るまでの繋ぎ資金として借りているので私の場合は借入期間も長くて1週間程度という感じです。少額のキャッシングを短期間で完済していくような取引であれば利息も安く済ませることができます。私が払っている利息はいつも100円くらいです。100円くらいの負担でお金のピンチを乗り切ることができるのであれば安いものなのではないかと思っています。

キャッシングは消費者金融のサービスを利用しています。私も消費者金融に申し込みをする前は返済が難しくなるのではないかなど良くないことも考えたことはありましたが今は何の不安を感じることもなく利用させてもらっています。キャッシングの利用ができなかったとしたら私の生活は本当に大変なことになっていたと思います。

アルバイトの私にも利用できるキャッシングは改めて考えてみると本当に頼りになる存在だと思っています。

ネットを使ったキャッシングの良さ

家にいながらお金を借りられるという便利さを味わってしまうと、外に出てATMなどでお金を借りるという行為をしなくなってくるくらい便利だということが分かると思います。

そんなことができるのが、最近のキャッシングの良さです。家にいながらお金を借りるというのは、どういう方法なのかというと、ネットで専用ページから自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうというものです。

最近はキャッシングに限らず、銀行などもネット上で取引ができるようになっていますから、家賃の用意ができないといったピンチの場面には、キャッシングで自分の口座にお金を入れて、そのまま家賃の口座へ振り込むということができてしまいます。

こうした手続きの簡略化は、生活を非常に楽しくしますし、今までのムダな動きが一気に省略できるという良さがあるわけです。

時間を短縮しながら、キャッシングのメリットを全て享受するということができるのがネットを使ったキャッシングの利便性の高さを体現していると言えるでしょう。

キャッシングは上手く使えば便利です

消費者金融のプロミスなら審査時間も短い
http://same-pgh.org/

お金が急に必要になったときに貯金があればいいのですが、生活費がカツカツの場合は貯金もなくといくことがありませんか。友人や親などに借りるという手段もありますが、そうそうお金を貸してくれるとは限っていません。そういう時にキャッシングだと即日にお金を借りることができて便利です。

ただ、キャッシングもお金を借りるので、返済がありますから、金利などのことを考えて借りるのがベストです。キャッシングでお金を借りる時に余裕があれば、金利は比較サイトなどでチェックしておいたほうが無難です。金利が無利息などのキャンペーンをやっている会社もありますが、その期間に返せるのならいいのですが、期間内に返済できないと利息が普通につきますのでその辺も考えてからキャッシングしたほうがよさそうです。今では、キャッシングも店舗までいかなくても、ネットで申し込みをして、振り込みをしてもらうという借り方もあります。

店舗だと詳しいことを聞きたい時とかには店舗のほうがすぎに返答があって便利ですし、ネットだと知って人にあわずにすむというメリットがあります。キャッシングは、店舗でもネットでもメリットとデメリットがありますけど、きちんと計画的に利用すれば便利な存在です。

おまとめローンの良さについて

キャッシングで複数の債務を抱えてしまっていたり、いくつものキャッシング業者との付き合いを抱えている場合においては、おまとめローンを組むことがおすすめです。

おまとめローンを組むことにより、たくさん債務がある場合であっても、借金をひとまとめにすることが叶えられます。

これまでであれば、月に何度も返済を繰り返す必要があったり、毎月何回も返済日がやってきてしまうといった悩みを持って居た人であっても、おまとめローンを組むことで借金の返済の労力がかなり改善し、借金を返済する手間が大幅に省けるようになるということは非常にありがちです。

また、おまとめローンを組むことの最大の利点といえば、金利が高い業者からの借り入れを行っている場合であっても、より低金利な業者へ借り入れをまとめることにより、金利の負担を大幅に取り除けるようになる点が挙げられます。

高い金利で返済しても元金がなかなか減らない人や、月々の返済金額をもう少し抑えたい人にとっても、おまとめローンは非常に便利な存在です。

今と変わらない返済金額であっても、利息を減らせると元金を多く返せるようになったり、完済のペースが早まる利点があります。

金利も業者ごとにばらつきがある状態ではなく一定となりますし、返済も月にたった一度で済むようになったり、自分の抱えている借金の総額が分かりやすくなる利点があります。

具体的に借金の返済計画を立てやすくなったり、複数業者ではなく一社のみとの付き合いになることで心理的な負担が減ったりと、おまとめローンは借金の精神的苦痛を取り除くためにも効果的です。

審査で在籍確認をスムーズに行う方法

キャッシングの申し込みをしてから、行われるのが審査です。そして、審査の際に行われるのが在籍確認です。在籍確認とは何でしょうか。

キャッシングの申し込みの際に本人が申請した会社や役職に本当に就いているかを電話で確認することを在籍確認、もしくは電話確認と言います。しかしある人は在籍確認の際に、自分がキャッシングを利用していることが会社の人にばれてしまうのではないかと不安を感じます。では、どうすれば在籍確認をスムーズに行うことができるでしょうか。

まず、あなたが普段会社にいるときに滅多に電話がかかってこない人であるなら、確かに急にあなた宛に電話がかかってくると周りの同僚も注目してしまうかもしれません。そこで、申し込みの際に在籍確認して欲しい日時と時間を伝えておくことができます。そして、事前に同僚にカード会社(クレジットなど)から今日、職場に電話があるかもしれないなどど言っておくとそれほど不審に思われないでしょう。

また、ある人は勤務時間がシフト制でいつ会社に在籍しているかはっきりと分からないという場合もあるでしょう。どうすればよいでしょうか。この場合にも事前に申し込みのときに、自分が在籍している日時をはっきりと伝えておくと、不在で電話を受け取れなかったという状況を防ぐことができます。

このようにして、事前に良い準備をしておくなら、在籍確認もスムーズに行うことができます。不必要な誤解を避けることもできるのです。

キャッシングの返済方法は簡単で自由

キャッシングはどこで借りても、借りやすさは殆ど変わらないと思います。
ネットで簡単申込みやスピード審査、即日融資等どの業者でも最早当たり前なので、借りることのハードルは、個人の気持ちだけと言っても良いでしょう。

借りることのハードルが個人の気持だけなら、どういう気持が障害になっているのかと言いうと、それはやはり返済の事なのです。
借りるのは簡単ということはよく分かりますが、では返済も簡単なの? という疑問が障害になっているのです。 

返済方式は残高スライドリボルビング方式が多くて、残高スライド元金定額リボルビング返済方式、残高スライド元利定率リボルビング返済方式、残高スライド元利定額リボルビング返済方式があります。
これ以外にも小難しいネーミングの返済方式が沢山あります。

消費者金融だけでなくクレジット会社や高額な住宅ローンなんかでも聞く名前です。
各消費者金融のサイトを見ると、返済方式と返済パターンの具体例が載っていますが、詳しく知ろうとすると訳が分からなくなります。

既に利用をしている人でも自分の返済方式を、「残高スライド……」最後まできちんと言える人はいないでしょう。

つまりネーミングなんかどうでも良いのです。
きちんと把握しなければいけないのは、例えば月の返済額が8000円だった場合に、元金充当分はいくらで利子の分はいくらなのかということなのです。

基本的に月の返済額が小さくて支払いが楽なほど、利子の占める割合が高くなり返済期間が長くなります。

借金は元本を減らすことが最重要ですが、生活に影響が及ばないように少ない金額を長期間返す方法も悪くは無いです。
そして、殆どの消費者金融はこの方式を取ってます。

利子なんて無駄でしか無いと考えるなら、毎月の最低返済額に1万円でも2万円でも払えるだけ追加して返済すれば良いのです。

最初に言った返済は簡単なのか? という問に対しての答えは、返済方式の言葉は難しいが、負担が少ないが長く掛かる方法と、負担になっても良いので支払最優先で早く片付ける方法の両方をミックスして自由に返済出来るので、自分に合った簡単な方法を選べると言えます。

お得にカードローンを利用する方法

カードローンには様々な会社のものがあります。さらに、同じ会社の中でも収入にあわせたカードローンが存在します。

ですから、自分が一番合ったサービスを選んで利用することによって、今の生活がさらに豊かに過ごせるようになります。

一般的にカードローンを利用するときに一回で引き出すお金の額は1万円単位の人と10万円単位の人とに大きく分かれます。

やはり10万円単位になると収入もしっかりもらっている人が対象になりますし、返済能力もかなり期待されます。

そして融資額が100万円くらいになってくると、利息がかなり安く、お得に利用することができるようになります。

大体100~500万円程度の融資になると5%程度の年間利息で利用することができるようです。

多くのカードローンやキャッシングでは18%が主流ですから、3倍程度のお得さで利用できる計算になります。

収入が多く、使いたいお金の額がまとまった金額になっている人の場合にはカードローンの大口融資を利用すると良いでしょう。